Instagram
AmebaBLOG
エンビロン
サロンご予約
ネイルスクール
見学申込み

Haozi Gelについて

Haozi Gelについて

Haozi GEL取扱い方法

Haozi paint BASE GEL/Haozi GELプロフェッショナル専用ジェル 日本国産 化粧品登録済
◇特徴
ネイルサロン等で御利用いただくマニキュアリストの皆様に対して

  「ネイルサロンとお客様の両視点を考えた商品づくり」
  「施術時間の短縮(時短)を目的とした品質改良」
◇施術を受けられるお客様に対して
   「お直しによる爪の負担軽減」
   「自爪保護」
ネイルサロンとお客様を繋ぐHaozi paint BASE GEL

①ネイルサロンとお客様の両視点を考えた商品づくり
ネイルサロンで使用する材料のコストダウンをサポート。ネイルサロンとお客様の立場を考えた商品作りを常に考えています。世の中のトレンドを意識しながらも現場のネイルサロン、マニキュアリストの声を形にしました。

②施術時間の短縮(時短)を目的とした品質改良
キーワードは「時短」。マニキュアリスト、お客様に負担を与えることなく、かつ高度な技術を提供するために開発されています。複雑な工程は、マニキュアリスト、お客様へ時間的にも体力的にも負担をもたらすことから、できるだけ無駄な工程を省くことにより施術時間の短縮、そしてあらゆる負担の軽減を実現しました。
多機能を有するジェルの開発を行うことにより工程をシンプルにし施術時間の短縮を図っています。

③お直しによる爪の負担軽減
ベースジェルの一部を残したお直し技術を推奨し、手削り(ファイルによる取外し)を推奨しています。
有機溶剤などの使用を極力減らし、お客様のお爪の負担軽減とともにマニキュアリストの負担軽減も目的としています。
④最大の目的は自爪保護
爪は季節を問わず常にダメージを受けています。
Haozi paint BASE GELは紫外線や乾燥、衝撃などの外的な刺激から爪を保護し、健康に保つために自爪保護を最大の目的として開発されています。そのためジェルを塗布することによって爪を傷めたり、成長を妨げたりするのではなく、できるだけ爪に負担をかけず健康に保つことができるような機能があります。健康な爪に綺麗なアートを施す、本来の「ネイル」を実現します。

常に使用し、酷使している爪~Haozi paint BASE GELはその指先にストレスを与えることなく、輝きと透明感、そして爪本来の美しいなめらかなラインを持続させます。つけた瞬間、今までのジェルとは全く違うことに驚かれることでしょう。驚くほどの艶と透明感、そして指先に溶け込んだ自然な仕上がりを実感していただけます。

◇Haoziが目指すのもの
①施術と同様重要な接客意識
マニキュアリストの顧客対応によってお客様の安心感、満足感も違ってきます。 高い技術力を持ち、そして接客のマナーや衛生面や安全にも配慮できることのできる高い意識を持ったマニキュアリストを発掘し、日本を中心にネイル業界の技術・意識のレベルアップにも貢献したいと考えています。

②丁寧なカウンセリングへのこだわり
お客様に対して丁寧なカウンセリングの実施を推奨。爪の形、長さ、季節、生活環境その他様々な要因によって常に変化している爪の状態。爪の保護を最大の目的としたHaozi paint BASE GELはお客様の爪の保護に責任をもつために全てを知ること~カウンセリング~を大切にしています。

◇Haozi製品に関して~高級サロンでHaozi paint BASE GELが選ばれる理由~
セルフレベリング力が高くフォルム形成に時間がかかる方も凹凸なく美しいフォルムを実現。伸びがよく爪の際までしっかりと塗布することができ、ブラシワークを大幅に軽減することでベースジェル塗布時間を大幅に短縮。更に薄付きで柔軟性があり折れにくく割れや欠けが生じにくいような設計。長い期間(3~4週間)ジェルネイルを楽しむことができる安心の長持ちジェル。

◇~使用上の注意~
太陽光が当たる場所やデスクライトの下で容器の蓋を開けたまま長時間放置すると硬化します。窓際での施術には十分注意してください。またその他の場所も容器の蓋を開けたままにしていると異物等が混入する可能性があります。ご使用時には蓋を開けたままにせず、ご使用後は光の当たらない冷暗所で保管をしてください。保管の際には容器を横に倒してしまうこともジェルが漏れ出す原因になります。平坦な場所でアルミ缶などに入れて保管することをおすすめします。

◇ネイル製品の性質・アレルギーについて
ネイル製品はほとんどが化学薬品

ネイルサロンで使われる化粧品は、ほとんどが反応性の高い化学薬品です。中には、アクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせて固くするなど、化学反応がネイルアートに生かされている例がありますが、化学薬品の取り扱いに十分な注意が必要であることは、いうまでもありません。
まず、アセトンをはじめ、何らかの刺激で引火や燃焼のおそれがある物質がいくつかあることに加え、それ自体が不燃性でも別の物質と反応をおこして発火の原因になる物質もあります。
※当ネイルスクールでは初回授業時の材料確認の際に説明したように、アセトンの持ち運びを厳しく禁じています。
アセトン使用時はスクールの物を貸し出しますのでアセトンは必ずご自宅の冷暗所に保管ください。

※ネイル製品に使用される引火性・可燃性物質
・アセトン・インプロパノール・エタノール・過酸化水素・酢酸エチル・シアノアクリレート酸・ジエチレングリコールジエチルエーテル・トルエン・ニトロセルロース・ブタノール・フタル酸ジメチル・フタル酸ジブチル・メチルクロロホルム

多くのネイル製品は揮発性(蒸発しやすい性質)物質を含んでおり、蒸発した気体が目や喉などの粘膜を強く刺激する毒性をもつ場合があります。
たいていの場合、有毒気体を発する製品は、ふたつきの小さい容器に入れて使用するようになっており、蒸発を防ぐよう工夫されていますが、吸入しないよう注意すべきです。
さらに、直接皮膚につくとただれの原因となるものもありますので、皮膚につかないように気をつける必要があります。

化学薬品を安全に使用するために、下記のことを守りましょう。
○メーカーの使用上の注意をよく読む。
○すべての容器にラベルをつける。
○薬品の入った容器は密閉し、日光を避けて冷暗所で保存する。
○混合してから長時間経過した薬品は処分する。

◇ネイル製品の人体への影響◇
暴露、吸入による害
化学薬品が人体に侵入する経路は、鼻や口からの吸入、皮膚からの吸収、食べるという3つが考えられますが、それには、からだの一部がそれらの物質に直接さらされることが前提となります。
物質にさらされる状態を、医学的には曝露(ばくろ)と呼び、有害な物質への長時間の曝露すなわちオーバーエキスポ―ジャーが、さまざまな症状を引き起こすことが指摘されています。オーバーエキスポ―ジャーによって目、鼻、喉などの粘膜や皮膚が刺激され、涙目、発疹、鼻水、喉の痛みや乾き、咳、呼吸困難などが起きるほか、頭痛、めまい、吐き気などの症状も出ます。いずれも、成分によって症状の強さは異なりますが、以下のネイル製品に注意しましょう。

※気体の吸入を避けるべきネイル製品
・アクティーベーター ・アクリルネイルリキッド ・カラーポリッシュ・グルー・トップコート・ネイルハードナ―・プライマー・ブラシクリーナー・ベースコート・ポリッシュリムーバー・ラッカー薄め液・リッジフィラー
↓